本文へスキップ

クリエイト・ホームサービスは千葉県、我孫子市、柏市で住宅リフォームと新築を手掛けている地元で実績のある会社です。

TEL. 04-7184-8432

〒270-1154 千葉県我孫子市白山2-5-21-106

新築住宅shintiku

 アンケートから見えてきた!住宅に求めるものとは??


 奥様が感じる住宅の悩みは何でしょう?
 
 それはお部屋ごとの
温度差。冬場の家事はとても大変です。
 お部屋は暖まっても廊下・トイレは・・・寒い。

 ではご主人様が思う不安は何でしょうか?

 それはやはり
構造と耐震強度です。台風や地震に耐えうる家は大切な
 家族を守る上で大切ですね。
 

 そんな悩みや不安をズバリ!解決します!!

 そして近年叫ばれている環境問題・地球の温暖化

 次代を担う子ども達のためにも、環境は守らねばなりません。

 だから私たちは提案します。

 冬に暖かく、夏は涼しい家!

 



■家づくりで知っておきたいこと■ 

CEO



 新たに家を建てたい・・・。
 さてあなたはどんな業者に依頼しますか?


@大手(ハウスメーカー)はホントにいいの?

ハウスメーカーの家は、同じ商品であれば同じ品質の家がつくられるというのが建前になっています。

たしかに、ハウスメーカーは地場の工務店での家づくりと比較すると、現場での作業が少なく、また商品ごとに施工マニュアル(施工標準仕様書)がつくられ、基本的にはそのマニュアルどおりに作業するようになっています。

しかし、やはり人の手でつくられるもの、現場での職人さんや大工さんの技術によって建物の出来上がりには差があります。

ハウスメーカーであろうとも、建物をつくる建築会社でもあります。
建築会社である以上、その会社の技術力施工技術)がどれくらいあるかは、大きなポイントになるはずです。技術力は、施工品質の良否に直結します。

では、どこのハウスメーカーが高い技術力(施工技術)を持っているのかというと、これは比べようにも調べようがありません。

ネットの掲示板や「家づくり体験サイト」などに、●●ハウスの施工力が良いとか悪いとかという口コミ的な情報はありますが、これは全くあてになりません。
地域や近隣での「○○ホームで建てたら、大工さんの仕事が丁寧で...」見たいな口コミも、○○ホームの大工さんがみんな丁寧な仕事をするわけではないので、意味がありません。

では、どうやって良否を見極めるか。

技術力(施工技術)には、いろいろな要素があります。

施工管理体制、住宅会社による大工や職人への指導・教育、施工マニュアルの充実度、現場監督の資質、職人の技術力...などなど。

とりわけ大工さんの技術が、家づくりのなかでは大きなウエイトを占めます。

木造ではないプレハブであっても、内部の造作は大工工事なので、大工の腕は家の仕上がりにおおきな影響を持ちます。

しかし、同じハウスメーカーであっても、腕のいい大工もいれば腕の悪い大工もいます。その建物の工事に携わる職人さんによって品質は変わってくるのです。

忘れないでないでください。
住宅はすべて手づくりの受注生産品なのです。


                まずはご相談ください  
                
しつこい訪問営業は一切いたしません。
                安心してご相談ください。
   



A住宅会社の施工体制は?

まず、欠陥住宅を生み出すひとつの要因には、住宅会社の施工体制があります。

『丸投げ』といわれる施工体制です。

これがあなたの大切な家を欠陥住宅に近づける可能性を産み出だします。

どのような仕組みなのでしょう?

簡単に説明しますと、お客様から工事を請負った会社Aが下請け会社Bに対して一括して工事を請け負わせることです。
これでは、契約の受注者と施工者が違うために、施工者に責任意識が生じにくくなるデメリットがあります。

そして、見えないところで手抜き工事をされる可能性が出てきます。

他社とのし烈な競争の末、コストダウンして受注したあなたの家の利益を上げるために下請け業者に流す金額を叩く、いわば、下請けいじめが横行しやすいともいえます。

あなたの大切なお金が、下請け、孫受けの中でどこかに消えてしまい実際に工事する職人さんには、本来のあなたが支払った分のしっかりした価値が届かずに家づくりにかける想いも半減してしまうのです。これでは良い家もできませんよね・・・

一番大切なのは、作り手(社長・営業担当者・設計者・現場監督・職人さん)の顔が見える住宅会社との契約が、欠陥住宅を作らない第一歩なのです


B保証体制は整っていますか?

2000年4月から住宅供給者(住宅会社)は住宅品質確保促進法により、新築住宅の床の傾きや雨漏りなど構造体力上主要な部分について、住宅の完成引渡し後10年間保証を行うこととされています。

大手であれ、中小であれ、零細であれ住宅をつくるからにはその法律が適用されます。


ここでポイントなのですが、その10年間の保証を自社保証制度としているか、第三者による保証制度にしているかによって、違いが生まれます。

自社保証である場合、住宅会社が倒産してしまえば瑕疵担保責任を問うことは出来なくなります。つまり、完成後何か重大な瑕疵が見つかった(家が傾いた、雨漏りで家が腐った)としてもその会社が存在しなければ保証はしてくれないのです。

このようなことから、住宅会社ではその保証制度を第三者機関に委託する場合も多いのです。

万が一保障期間中に住宅会社が倒産しても、補修費用を約95%の保険でカバーされるので安心です。


自社保証の制度がしっかり取れない中小の住宅会社では、この制度の登録をしてあるかどうかが判断基準になります。


お客様の立場になって考えれば必要な措置といえるのです。

また第三者機関による住宅保証制度の有無は欠陥住宅を防ぐことにも有効です。この制度では、独自の技術基準を定め、建築中に専門の検査員による現場審査を行い、住宅の引渡し時には登録業者(住宅会社)より保証書を発行しております。

これにより第三者の目が働くことにより、自社の検査だけでは気づかないところもチェックできるという利点が生まれるのです。

自社の体制もしっかりとした上で、更なる安心をお客様のために与えるという目的で第三者機関の性能保証を採用している住宅会社を選ぶようにしてください。



Cちょっとした心遣いを

信用できる会社でも、まかせっきりは良くありません。 なぜなら、家づくりは人間がやることです。故意に欠陥住宅を作ろうとしなくても間違え、勘違いによるミスはあるでしょう。

それを防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?

あなた自身が現場に出向くことです。


施主さんが現場に顔を見せることで、現場の職人さんの気持ちも引き締まることでしょう。

現場監督さながらに、気づいたことを職人さんに直接言うお施主様もいらっしゃいますが、それはやめたほうがいいです。

ただし現場を見て、気づいたこと不安なことは、必ずすぐに担当者に伝え対応してもらってください。
そして、あくまでも、
場監督を通して職人さんには指示を出すようにしてください。

なぜなら、現場での責任の所在がどこにあるのかわからなくなってしまうからです。

また、現場に入るときは挨拶をして、作業している職人さんに声をかけてから入るようにしてください。

ちょっとした気遣いをしてあげると喜ばれるでしょう。


気持ちが伝わると職人さんも、良くしてあげようという心を持って仕事が出来ます。

職人さんも人間ですから、施主さんに良くしてもらえれば、自分の仕事で返そうとするのです。

逆に挨拶もせずに、現場に入ってきて写真を撮るだけで帰ってしまうような施主さんは職人さんに嫌われてしまいます。



お互いに良い家を完成させるという共通意識のもとに信頼関係を築くことが出来れば良いでしょう。


Dその業者さん信用できますか?

最後のポイントは、その住宅会社がモラルを持って良心的な家づくりをしているかに尽きます。このポイントだけはおさえておきましょう。

価 格 安い!だけで選んではいけません。「見積りが明確」「商品の価格の違いをきちんと説明してくれる」など、納得のいく説明をしてくれることが一番です。
実 績  信頼」できる会社はやっぱり「実績」のある会社。施工例や施工中の現場を見せていただくことによって、その会社のスタイルも見えてきます。
提案力
技術力
お客様のライフスタイルに合わせての提案はもちろんのこと、将来をも見据えたアドバイスがあれば良心的といえるでしょう。提案力と技術力がかみ合ってこそ良い住まいができるのです。
アフター
メンテナンス
家は建てて終わりではありません。その後のメンテナンス、アフターサービスなどそこからのお付き合いの方が長くなるのです。工事完了後もコミュニケーションがとれる会社はいつまでも安心です。
向上心  日頃から新しい商品情報を収集したり、新しい資格などを取得したりしている会社なら、時代に合わせた提案をしてもらえます
マナー ちょっとした心遣いのできる業者(職人さん)は腕も良いものです。また、工事中はご近所さんへの配慮も大切です。
地 元 いつでも顔(会社)が見えることは重要です。また、地域に根ざしている故、いい加減な工事はできませんし緊急時にはすぐに駆けつけてくれるので安心です。

お互いに信頼関係を築けないような住宅会社との家づくりではやはり安心できません。

ひとつの家づくりを共にしていくパートナーです。

お互いに信頼でき、対等な立場であることが重要です。

信頼関係が築けない住宅会社とはどんなにお得でも契約しないことです。

「相談したい!」と思ったら今すぐお電話を!
   お客様窓口

TEL 04-7184-8432 




バナースペース

クリエイト・ホームサービス

〒270-1154
千葉県我孫子市白山2-5-21-106

TEL 04-7184-8432
FAX 04-7184-9754

LINK




小冊子差し上げます!


















リフォームTOWN